引越しで起きるトラブルと対処方法について

引越しって、どうしてもトラブルが起こってしまいがちなんですよね。

ぼくもこれまで、10回以上の引越しをして、色んなトラブルを経験していますし、また友達や知り合いからも、引越しにまつわる様々なトラブルについて耳にした事があります。

そこで、このサイトでは、これから引越しをしようとする人、また、たぶん引越しのトラブルに見舞われてしまっている人もいると思うんですが、そういう人のために、引越しではどんなトラブルが起こるのか、そして、そのトラブルにどうやって対処したらいいのかを紹介したいと思います。

参考にし、役立ててもらえましたら嬉しいです。

なぜ引越しではトラブルが起こりやすいのか?

しかしなぜ引越しでは、これほどトラブルが起こりやすいのかということが、
まず誰でも思うことだと思うんですよ。

そこで、これはぼく個人の見解で、どこかの偉い人が発表している一般的な見解ではないんですが、
「なぜ引越しではトラブルが起こりやすいのか」
について、ちょっと考えてみたことを紹介したいと思います。

結局のところ、引越しには他の商行為とは違う、独特の性質がいくつもあるからだと思うんですよね。

引越し料金には定価がない

まず引越しのトラブルで多いのは、
「引越し料金が見積もりしてもらったものより多く請求された」
というものなんですね。

これは国民生活センターとかに苦情として上がってくる物の中でも、
かなりの割合に達するんじゃないかと思うんですが、
それがどうして起こるかというと、
「引越し料金には定価がない」
からなんですね。

もちろんその他にも色々な原因があるので、引越し前に一通りチェックしておきましょう。

定価があって、値段がハッキリ分かっているものなら、
料金のトラブル等起こりようがないじゃないですか。

まあ元々商品の「定価」という考え方は、そういう様々なトラブルが起こる中で、
生まれてきたものなのかなとも思うんです。
ところが引越しの場合、定価がどうやっても付けられないんですよ。

引越しって、全ての引越しについて、違ってくるわけじゃないですか。
引越す距離も違えば、引越す荷物の量も違う。
だから定価を決めようがないというのが、現実だと思うんですよね。

そこで、業者は見積もりをして、引越し料金を決めることになる。
その「見積もり」という所にどうしても曖昧さがあるものだから、
見積もりに関するトラブルはなくならないんだと思うんです。

※参照:引っ越し業者はこう選べ!〜口コミが良くて安い業者ランキング〜